古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子どもは苦手風味?   
小さい子が苦手なワンコは、結構いるみたい。
例に漏れず、うちのデルガレも苦手。

と思っていた。

それが、意外なことに小さい子にも寄って行く。
こともある。

いつ頃か、家の近くで会う親子がいた。
毎日ではないけれど、お互い散歩の途中。

初めて会ったのは、デルタ。
お母さんはワンコが嫌いではない様子。
しゃがみこんでデルタを撫でてくれた。
その隣で、ほけーっと突っ立っていた男の子。
怖がるでもなく撫でるでもなく突っ立っていた(笑

ガレンが会ったときも同じ。
ただ、ガレンを見下ろす。
ガレンも吠えるでもなく、ニオイを嗅ぎに行く。

お!コレは珍しい!!

DSCN1511.jpg

いないいない

小さい子にはまず間違いなく吠えていたデルタとガレン。
無駄に動かなかったのがよかったのか。

ニオイを嗅がれても、ワンコを見下ろしているだけだった。
2,3度会う内に、男の子がチラッと動いた時があった。

確か、ガレンが男の子の、ぶら~んの手をニオイだとき。
クリっと手のひらが90度、ガレンの方を向いた。

DSCN1512.jpg

ばぁ

それだけ。
デルタとも何度か会ったけども、雪が降ったりなんかして会わなくなった。
う~ん、随分暖かくなってるからまた会えるかな~
子ども苦手な飼い主も、あの子なら会いたいわ。


昨日のこと。だったかな?
ガレンの散歩をしていた時、いつもの散歩コースで、
砂場と長い滑り台がある一角に、これまた親子と遭遇。

今度は女の子。
小さい子を見ても、いくつ位と判断できない飼い主。
たぶん、1~3歳あたりではないかと思われるのだが、
はっきり『こんにちわ』と言う。
それ以外はどうやら宇宙語っぽいが。。。

DSCN1513.jpg

宇宙と交信できる年頃やな

苦手ゆえにカワイイと思うことが少ないお子ちゃま。
その子は珍しくカワイイと思った。
先の男の子同様、突っ立っていた。
違うのは、笑顔だったこと。始終笑顔。

ガレンにクンクンされても手を出さないし、嗅がれるがまま。
お母さんもワンコ好きっぽい。
ガレンをナデナデしてくれた。

ガレンは、女の子が動くと気になるらしく、
滑り台へ向かった女の子の後をついて行ったりしていた。

DSCN1514.jpg

ZZZ

どちらも、わちゃわちゃした子たちではなかったことが良かったのか。
デルガレが、珍しい反応を示した子だった。





ありがとう!仲良くなったら、遊んでくれるかな?


スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/46-4be16203
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。