古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
気になること   
正月とはいえ、特にすることもないので更新。
世間は、どんな風にお過ごしでしょうかね。


時を遡ること3、4日前。
夜にデルガレの散歩に出た時のこと。

DSCN2535.jpg
今年から画像を大きめにしてみました。

ほんの数十メートル歩いたところで、何やら前方で動くものが。
いつも、散歩のときはメガネをかけないので、
詳細は見えていないワタシ。

夜だったため、尚更見えない状況だった。
いつも歩いている慣れた道だし、どこに何があるかくらいは見えるので、
裸眼でも散歩なら平気なのだ。

街灯によって出来た陰の中に目を凝らす。
落ち葉を踏みしめるガサガサという音。
しかし、人の姿はどこにも見えない。

DSCN2536.jpg

このように姿勢を低くしてみても、目が悪い+暗い=何も見えない
のために、正体がわからずドキドキしながらデルガレのリードを短く持ち
警戒しつつ音の方へ目を向けていると、
街灯の下に現れたのは、どこぞのワンコだった。

ホッとしたのも束の間、人の姿がないのだ。
一人散歩?とも思ったが、今時そんなマナーの悪い飼い主も見かけない。
一人散歩かと思った理由は、柴犬もしくは、柴犬系MIXワンコのしっぽが、
それはもう堂々とバター渦巻きパンになっていたのだ。
※バター渦巻きパン・・・ワタシが小学生の頃、給食で時々出たメニュー。
               日本犬によく見られる巻尾のようなパン。


DSCN2537.jpg
このしっぽは、黒糖かりんとう

そのしっぽを見て、大丈夫そうなのかな?と思った。
が、
次の瞬間、我が家のお隣さんのところへ来ていた郵便屋さんか
そのバイクか何かに驚いて、巻尾はテロンと下がってしまった。

更に、くぅくぅと鼻を鳴らしているではないか。
このままでは、イカン!バター渦巻きパンが!
これは、一人散歩ではなくて脱走の確率が高いではないか。

DSCN2538.jpg
ここはどこかいな?てか

捕まえて迷子札でも探そうかと思ったのだが、手にはデルガレ。
どちらかだけなら、カモにして(笑)近づけたかもしれないが、
よりにもよって両方揃っている時にー!

急いで、出てきたとこなのにデルガレを玄関で母上に預けて
現場へ引き返すと、幸いまだそこにいた。
ご近所のワンコに似ているが、体格や毛の長さが違う。
歳も違うっぽい。迷子と思われる子の方はまだ、若そうだった。

DSCN2539.jpg

「おいで~」と声をかけるも、少し混乱気味のワンコ。
ワタシの手が届かないくらいのところを迂回して、
歩いて行ってしまった。

追いかけると逃げるだろうと思って、少し遠くから声をかけてみたのだけど、
そのまま行ってしまった。

再びデルガレの散歩に出たものの、ワタシがさっきの子が気になるのと
母上が一緒に来なかったのとでデルガレが団結し、出すものを出すと
とっとと家に向かって走って帰った。すぐそこだったけど。

DSCN2540.jpg

デルガレを家に入れてから、懐中電灯を持って出てみた。
ワンコが歩き去った方を少し歩いてみたのだけれど、
どこかにいる気配もなく、結局保護出来ずじまいだった。

どうやって保護したらよかったのか、全くわからなかった。
おやつか何かで呼んでみればよかったのか。
きっと食べなかっただろうけど。。。
デルタかガレンをカモにしたらよかったのか。

その後、あの子はちゃんと帰れただろうか。
家族はあの子がいなくなっていることに気が付いただろうか。

今も気になっている。

DSCN2541.jpg





ありがとう!無事家に帰れていますように


スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/197-6ee95abc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。