古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
のんびりブラブラ2   
日が暮れかけの時間帯にする散歩は、なかなかイイ雰囲気。
空気は冷たいけど、オレンジの光が気持ちよい。

デルタも歩いた落ち葉の絨毯を、ガレンも歩いてきた。

DSCN2504.jpg
ガサガサいうてるで

落ち葉が敷き詰められた道は、ガレンの足には優しいらしく
楽しそうに歩いていた。
O脚ガレンの肉球は、外側にかかる体重の方が多いため、
歪んでいるのだ。

本来、真上から体重がかかるのに対し、ガレンは少し外側からかかる。
人の手で言うと、小指側に負荷がかかっているのである。
どっちにしろわかりにくいな。
とにかく、生まれ持った肉球は内側へ寄せられ、肉球ではないところが
地面に当たるため固めの皮膚が肉球のようになっている。

DSCN2505.jpg
階段上るよ!

とは言え、肉球ではないので散歩から帰ると時々怪我をしている。
舗装された道か、公園の砂の上しか歩いていないのだけど。

舗装されたアスファルトも、ガレンの足には辛いこともある。
凸凹が粗い所もあるからだ。
大きな砂利を使って舗装されているところなどがそうである。

なるべくそういうところは避けているけど、どうしようもないこともある。
そんなときは自ら歩く場所を選んでいるし、ゆっくり歩くこともする。

DSCN2506.jpg
やっぱりやめよかな。。。

ガレンが好んで歩く場所は、コンクリートの上。
アスファルトのような凸凹もなく平坦なので歩きやすいらしい。
だけど、側溝のフタの上は路駐されていたりで歩いていられないし、
ガレンも端ばかりを歩かない。

特に選んで歩くのは、白線の上
靴を履いて歩く我らには気が付かなかったけど、
アスファルトの凸凹が解消されているのだ!

あの細い線の上をキャットウォーク並に歩く。
白線に乗り切れてないこともあるけど。
白線に沿って歩く姿は何ともかわいい。
足元を見ながら歩いている犬って珍しいと思う(笑

中でもお気に入りは、道路標示。
なら白線の幅も広く、デカ足ガレンでもはみ出ない。
ちゃんと白線に沿って『く』の字に歩くのだ。

DSCN2507.jpg
せっかく上ったけど、下りるわ!

停止線や「とまれ」の上も歩く。
あ、文字は直線のところだけね。

いつだったか、『dog actually』を見ていたときだった。
気になるタイトルがあれば掘り下げて読むワタシ。
大概ワタシの目に留まるのは京子アルシャーさんの記事。
『雪の日に犬の足元について考える』という記事で
ガレンの足がふと思い浮かんだ。

『せめて、週に一度は足のケアを行いたい』ということで、
実行に移すことに。
肉球が変形しているガレンだから、怠っていたケアを。
毎回一肌程度に温かい湯で洗うのは、もじゃ足だということと
ド面倒くさがりのワタシなので、「挫折」の二文字しか。。。

DSCN2508.jpg
上りきってるのに~ 下りるねん!

打開策として、
1、気が向いたときに洗う。
2、せめてクリームはちゃんと塗る。




ありがとう!「ガレンの足と散歩道」てタイトルのが合ってたかな。。。


スポンサーサイト
              
コメント

そっかー。
ガレンさん、足が痛くなっちゃうのか~(T_T)
落ち葉はふわふわで足にはよさそうやね♪

ふーたは、落ち葉のガサッという音が怖いらしく
避けて歩いてます(笑)
---------- ふーたまま [ 編集]* URL * 12/23, 15:10 -----

e-358ふーたままさん
痛くなっちゃうのです。
この間は、落ち葉が山盛りになったところを歩いてました。
足が埋もれていたので、ダックスだったら見えなくなっちゃうな~
と思いながら歩いていたら、ガレンが落ち葉まみれになってました(笑

落ち葉の季節は、ふーた君にとって怖いところばっかりですね!
うちは逆に、ガサガサを楽しんでます♪
---------- MIRA [ 編集]* URL * 12/24, 23:20 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/191-c89a6834
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。