古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お帰り   
予想よりも早くデルタが帰って来た。
喜ばしいけど、不安もある。

結局、もう一度大阪を走ることになり、
一生懸命前を見て走りすぎたせいか、病院に着いたら
激しい頭痛に襲われた。

前回とは違い、デルタもいる帰宅。
目印を見間違わないように、デルタに緊張が伝わり過ぎないように。
頭痛もあったけどそれどころではない。
帰ってきたら、速攻昼寝をしていた。

DSCN2057.jpg 座敷わらし?

金曜日の夕方、病院から電話があり本犬とっても元気と聞いていた。
ただ、Y先生がとっても心配していたことがある。
左目のことではなく、体調のことでもなく、食事のこと。

手を替え品を替えして食べさせようとしても、
全く食べようとしないという。
デルタを預ける時、それも心配だったのだけど的中した。
だけど、面会謝絶のためどうすることも出来ない。

どうしようもなくて点滴していたようだけど。
「帰ったらご飯をあげてください」と言われた(笑
食事以外は全く問題なく、散歩も行くしトイレも問題なし。
ドッグランがあるそうで、ケージの扉を開ければランへ出る扉の前で待ち、
声をかければ自ら帰って行く、手のかからない子だったらしい(笑

デルタの入院は、1週間くらいだと思っていたのだけど、
そこの病院では、入院期間は短くて2日、長くて4日なのだそう。
ちょっと驚いたけど、ご飯を全く食べていないデルタを
心配している身としては、大変ありがたかった。

術後の説明も受け、注意事項や緑内障のこと、ちょっと怖かったけど
デルタだけでなくガレンのこともあり頑張って聞いていたのだけれども、
怖いのと、緊張のドライブとで最低限しか覚えていない。。。

DSCN2058.jpg空調が効いていた部屋

そして、来月もう一度大阪までのドライブが決定した。
Y先生が忙しくて、こちらへは来られないんだけど
デルタの経過が見たいから、ということで連れて行くことに。。。(TへT)

診察室で話を聞いている間、まだデルタとは面会してなかったのだけど、
デルタらしき声だけは聞こえていた。
吠える声ではなく鼻を鳴らす声。
人がいなくなるとピーピーと鳴くらしい。
だから、夜鳴きが結構すごかったんだとか(笑
(病院の方にとっては笑い事じゃないけど。。。^^;)

デルタと同じ白内障で同じ時に手術して入院していた
コッカーちゃんがいたそうなんだけど、
その子も寂しがっては鳴いていたらしく、デルタも同調して
同じように鳴いていたんですってよ(笑

とにかく無事手術が終わって、痛々しくはあるけど
元気な姿で帰ってきてくれたのでよかった。


DSCN2059.jpg一人で留守番しました

ご心配くださったみなさま、ありがとうございます。
デルタは元気です。





ありがとう!再登場時は、エリザベス姿でこんにちわ


スポンサーサイト
              
コメント

デルタちゃん退院おめでと~!
ごはんが食べられないの辛かったでしょうね。繊細なのね。
入院期間なんて短いに越したことはないですもんね。
来月また運転お疲れさまですがデルタちゃんのため頑張って下さい!
---------- あが [ 編集]* URL * 07/27, 14:58 -----

v-100あがさん
ありがとうございます!
デルタを預ける時、「食べられない物はありますか?」
と聞かれアレルギーのことを伝えたんですが、
それ以前に何も食べないだろうなと思っていました。
ホントに入院期間が短くて良かった。
帰ってから体重を量ったら、9.6k。
入院前は量ってませんが、抱っこした感じは、
もう少し重かったように思います。

来月もドキドキのドライブ、頑張ります~
---------- MIRA [ 編集]* URL * 07/28, 22:23 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/136-414d5332
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。