古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
左目続報   
白内障を発見した翌日、おねぇから来ていたメールを読んで驚いた。
それは、14時頃のこと。
左目が腫れているというのだ。

慌てたところで、ワタシはその場にいなかったし、どうしようもない。
そして、その約二時間後のメール。

何とも呑気な文面で、
腫れが引いてきた、と。

DSCN2034.jpg カットしました

聞くところによると、チェリーアイのようになっていたらしい。
何か入ったのではないかと思ったのだが、わからない。
ただ、目の辺りを掻いていたというので、それが原因かもしくは
前日目を診てもらった時に、まぶたを持ち上げたことによる何か、
かと思われたのだが、結局わからず。

病院へ行こうかと思ったのだが、やっぱり微妙な時間になってしまうことと、
腫れが治まっていることで、翌日にしようかと悩んだが、
心配なので行くことにした。

前日診てもらった先生と同じ先生にお願いし、しばし待つ。
作務衣を着たスキンヘッドの、一見怖そうなおじさんに
にこやかに構ってもらっていたデルタ。

DSCN2036.jpg 疲れました

呼ばれて診察室へ行こうとすると、必ず帰ろうとする。
嫌なわけではなく、単に、帰るのだと毎回勘違いする。

事情を知っている先生なので、特に説明もなく腫れたことを話す。
すると、まぶたの内側を綿棒(?)で拭って試料を採取すると、
涙の量を測りますね~と、目盛りの付いた細い、リトマス紙のように
色が変わる紙を、目に入れた。

文字にすると痛そうに感じてしまうが、見ている側としては
何とも奇妙な光景で、笑ってしまった。

結果、涙の量は普通で異物を洗い流す機能に異常はなかった。

DSCN2038.jpg 寝るってば

先ほど採取した試料を、顕微鏡で見た結果、
ちょっと炎症が起きていた。

目の辺りを掻いていたと聞いたことを、すっかり忘れていたワタシは、
話を聞きながら目いっぱい頭を回転させていた。つもり

伝え忘れられていた事が、実は原因だったのかもしれん!
と思うと、デルタ申し訳なかった。
もしかして、ぼやけてきた左目が気になって掻いていたのかも。
人で言う、目をこすっている感じだったのかも。

DSCN2040.jpg ぐぅー

前日診てもらった時に、片目が白内障になれば
もう片方も1年以内に発症する子が、60~70%なんだそうな。
デルタは、右目から3年くらいだけどやっぱり発症した。

このまま、左目は自前でいけるかと思っていたのにな。

早くY先生と連絡が取れて、来てもらえる日がわかればいいのに。
木曜日がこんなにも待ち遠しかったのは、過去1度もないのでは。

どうしてほしいのか自分でもわからないが、とにかく一刻も早く診てほしい。
電車ででも連れて行くから、予定が知りたい。

DSCN2041.jpg
ゴムパッキンがムニッてるよ。

何か行動を起こさないと気が済まない。
1日2日でどうこうなることではないが、何が起こるかわからない。
心配するしか出来ないなんて、胃が痛すぎる。キリキリ。。。

本犬はいつもと変わらず元気にしている。
それが救い。





ありがとう!Y先生、早く何とかして。これ見てないけどね。



スポンサーサイト
              
コメント

いても立ってもいられない、何か行動を起こしたいというお気持ちよくわかります。
白内障の進行を遅らせるには抗酸化作用のある食べものが効果的だそうです。
ベータカロテンやビタミンC、アントシアニン、ビタミンEを含むもの。
緑黄色野菜、果物、オリーブオイルなどですね。
目に良いといわれるブルーベリーはアントシアニンが豊富です。
それからマッサージや指圧で目への血流量を増やしてやるのも良いらしいです。
手元にある本にツボなどが載っていたと思うので、後ほど写真を撮ってメールで送ります。

でも、これ獣医さんのブログで読んだ言葉なのですが
「犬にとって一番大事な感覚は嗅覚、次が聴覚。視覚が衰えても人間が考えるほどには彼らのクオリティオブライフは低下しない。だからあまり悲観的にならないように。飼い主さんの悲観的な気持ちに犬が反応するのが一番問題だから。」
MIRAさん、次回先生に診て頂けるまでできる限りのことをしたらど~んと構えていてあげて下さいね。デルタちゃん大丈夫だから!
---------- あが [ 編集]* URL * 07/19, 06:15 -----

v-2あがさん
コメント読んだら涙が。。。
役に立つコメントもメールも、ありがとうございます。
ツボ押しは、ヘタすぎて嫌われないようにがんばります(笑

目に良いとは知らず、ご飯にオリーブオイルを混ぜてますが、
量が適当なので、ちゃんと目に効果的な分量を摂れてるか
イマイチわかりません。
小さじ約1杯分くらいだと思うのですが、師匠どうでしょう?(笑

あがさんが読まれた獣医さんの言葉はわかっていたつもりだったのですが、
診察の時、若いがゆえに進行が早く、このまま放っておくと
目がつぶれてしまうと言われ、それが嫌でした。
片目になって、遠近感がわからなくなるのも嫌だったのです。
人は外部からの情報をほとんど目から得るので、
犬は違うとわかっていても投影してしまいます。
だからって、放っておく気は全くなかったので何かできることを!
と考えずにはいられませんでした。

何もせずにいるよりは、ツボ押しして気を紛らわせておきます。
うっとり顔になりますように(笑
---------- MIRA [ 編集]* URL * 07/20, 12:02 -----
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/133-66c867b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。