古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ある日の散歩の様子   
毎日の散歩は、決まった時間に行っていない。
雨が降れば行けないし、晴れ過ぎてても行けないし。

幸い散歩の要求もされないので毎日適当。
要求されても従わないけど(笑


東向きの我が家の玄関。
夏場は結構涼しくて、犬の溜まり場になっている。
そこで、散歩に行く気配を隠しながら、
玄関で寝ていたデルタにカメラを向ける。

DSCN1917.jpg 何か黒いモノ

逆光だった。
とぐろ巻いてます。
手前の丸く光っているところが頭です。

ワタシが姿を見せたときはこのままの姿勢で
しっぽを振ってくれたのに、カメラを向けたら瞬時に振らなくなった。


暗くならないうちに、とっとと散歩に出る。
いい感じに陽がかげってきた時間。

DSCN1918.jpg 困り顔

思い出したことが。
昨日、雨が止まなくてデルタを外に連れて行けなかった。
夜には、止まないまでも小降りだったため、連れ出すことに。
誰もいないだろうと思いつつも、ブリンカーライトとリードの電気も付け
変な組み合わせの部屋着姿で外に出た。

間もなく前方から傘をさしたおばさん(?)が。
一人こんなところで、こんな時間に何をしているのかと。
確か11時かそこらだったように思う。

DSCN1919.jpg 早く帰るのです

おぴっこ中だったデルタが吠えないように捕まえていたワタシ。
変な服を着た女が、傘もささずにしゃがみこんでいる姿は
さぞ不審だっただろうが、煌々と光るブリンカーライトを点けていて
よかったと心から思った瞬間。

犬連れなら許される行動である。
おばさんが通り過ぎるのを待っていると、
何と、おばさんも黒い犬を連れていた。

闇に溶けて、後ろを通るまで全く気が付かなかった。
散歩していたのね。

誰もいないだろうと思っていたんだろう。
少なくともワタシは思っていた。

DSCN1920.jpg
早く足を拭くがいいです

昼間と違ってそんな時間。
わざわざ着替えるつもりは更々ないけどね。





ありがとう!変な部屋着で何が悪い。


スポンサーサイト
              
コメント
         
コメントする












 管理者にだけ表示を許可する?

                  
トラックバック
トラックバックURL
→http://cockpitonknifeedge.blog15.fc2.com/tb.php/121-35e55302
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。