古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんちゃって坊っちゃん   
20日、カットに行ってさっぱりしてきたデルガレ。
カットの仕方に、これと言って注文はつけていないのだが、
これだけは譲れない2点を毎回お願いしている。

1、『まつ毛は残してください』
これは、デルタにもガレンにも共通で。
コッカーカットをすると、まつ毛も切るそうですが、
うちでは、あえて残す方向で。

2、『ガレンはモヒカンにしてください』
これは、毎回お願いの仕方が違うのだが、
今回は、情けなく伸びてきていたので、『モヒカンらしく』と
お願いしておいた。

DSCN1809.jpg

なってないけど!?

ま、そこはトリマーの卵さん。
プロのようにはいくまいて。
以前はプロのトリマーさんにお願いしたことがあって、
それはそれは、すんばらしいモヒカンにしてくださった。
見た瞬間「おぉ~!」と声が出たくらいに。

モヒカンって難しいのかね~
一見、行く前と変わってないように見えるんだけども。
と思ってよく見ると、

DSCN1810.jpg
手を加えた跡発見!

坊っちゃん刈り。。。?

これを見つけたときは、何とも思わなかったのに
毎日これを見るたびに、だんだん面白くなってきた。
後頭部の毛が妙に丸いし!

モヒカンの長さは変えてなかったのか、
だらしく横に流れて、リーゼントのようになってしまって!
もうモヒカンとは言えない。

DSCN1811.jpg

オレはオットコマエやで

自称オットコマエかもしれませんが、
頭は、坊っちゃんですヨ。

正面から見れば、誰もそんなところが笑いのポインツだとは思わない。
カットしてくださった方には申し訳ないのだが、
ワタシには変な頭にしか見えない(笑

DSCN1812.jpg

オットコマエが映ってるや~ん

知らない方がいいことも、この世にはある。



ありがとう!我が家の坊っちゃんプラス思考


『本日のすぺさる』
「ふーたのヘタレな日々」より、戦利品が!

DSCN1814.jpg
ビビるモデル

ひゃっほ~ぃ♪
ありがとう!ふーたままさん!

DSCN1815.jpg

ふーた君のニオイでもしますか?

一生懸命ニオイを嗅いで、ガレ汁をつけていました。
やめてください。


スポンサーサイト
サービス精神   
(今、気持ちに余裕がなくなってて、今までになくサボりまくってます。
休止する気はないので、気長にお返事待ってくださればありがたいです。
それでもコメントいただければ、励みになります!)



(山口さんちのツトム君風に)
我が家のワンコ、デルタさん♪
この頃少し、変よ。どうしたのっかっな~?
散歩へ行こうと言~っても、お外へ行こうと言~っても~(←同じ/笑)
いつも答えはお・な・じ。

DSCN1804.jpg 少しだけな

そっけな!(素っ気ない)

ご飯大好き!おやつ大好き!散歩大好き!
なデルタは、どこいった?
相変わらずなのは、ご飯とおやつだけ。

そんなところは、ガレンの真似をしなくてもいいんだヨ?

少し遠回りをしようとすると、今まで見たこともないような嫌がり方をする。
踏ん張って頭を低くし、首輪抜けでもしそうな勢い。
首輪抜けしたことないけど。ハーネス抜けはあり
ワタシが走れば、デルタも走るシステムだったのに!(笑

DSCN1805.jpg 帰るで

どっちが散歩してるんだか。

1時間や2時間散歩していたことが、幻のようですぞ。
嫌がる散歩に長々と行くことは当然しませんが、
そこそこ運動量が必要なワンコさんですから、
飼い主としては心配なわけですヨ。

おデブにならないかとか、運動不足にならないかとか。
どこだったかで呼んだ文章に、雨で散歩に行けなくても
ご飯の量は減らさないで、と。

雨で散歩に行けないわけじゃないけど、
今までよりもぐ~んと散歩量が減ってしまっても、
ご飯の量は減らさない方がいいのかしらねィ。

DSCN1806.jpg こっちこっち
後ろ足が笑える。

帰ろうとする時は、犬一倍素直。

とりあえず、本犬元気でお変わりないことだし、
深く考えないことに。

暑くて面倒になっているだけかもしれないしな。
日が暮れてからでも、毛皮ワンコには辛いのかね。

それでも、時々仕方なくワタシの行く方へ来てくれるけど、
あからさまに嫌な顔しないでいただきたい。
デルタのことを思っているのに、理不尽だ。

DSCN1808.jpg 置いて帰るよ

も少し、カメラ目線で笑顔を。





ありがとう!飼い主は人見知りだけど、せめてワンコは愛想よく!


反省中   
小さい頃から、ご飯をあげる時は
器に手を突っ込んであげていた。

そうした方が、ご飯を取られると勘違いしなくなるんだとか。
その成果が出ているのか、器に手を入れても無反応。
”邪魔だな”くらいには思っているかもしれないが。

DSCN1794.jpg 向こう側に何かおる

それが、手作りご飯に変えてからガレンの反応が変わってきた。
さすがに大人になってから、手を入れてご飯を上げることはなくなった。
ただ、がっついて食べるようになったので、ご飯が飛ぶ。
放っておけば最後には掃除をしてくれるけど、
気になるじゃないか!

飛び出たご飯を器に戻していると、デルタは平気なのに
ガレンは鼻にシワを寄せてガウってくることがある。
その程度なら気にせず任務を遂行するのだが、
この間は違った。

ワタシの手を噛もうと牙を剥いたのだ。
器の横に来たワタシの手にガレンが噛み付いた。
フリをした。実際には歯が当たっただけなのだが。

DSCN1798.jpg 中に入れて~

許すまじ。
フリとは言えワタシの手を噛もうなんて不届き者は、
反省室に放り込みの刑じゃ!

そんなものないけど。

つまりは、誰もいないところへ放り出されるということ。
それが、↑廊下。

デルタのご飯が終わるまでガレンのご飯は中断され、
その後廊下へ放り出し。
一人寂しくご飯をがっついていた。

(しばらく放置の後、様子を見に行ったのが各写真です。)

DSCN1799.jpg も少し開けて

そう簡単には入れてやるまいて。

おねぇを怒らせても散歩には連れて行ってもらえるし、
ご飯だって自動的に出てくる。
でも、ワタシは違うぞえ。

ワタシを怒らせたら、散歩に連れて行ってもらえなし、
ご飯だってもらえないんだゾ。

以後気をつけたまえ。

DSCN1800.jpg 何してんの?楽し?

こういうとき2頭いると、反応の違いが面白い。

デルタが怒られている時のガレンは、
デルタと人の間を行ったり来たりして落ち着かない様子。
おねぇちゃん(デルタ)が怒られている時は、
どうしたらいいのかわからないらしい。

DSCN1802.jpg カメラは嫌いやて

ガレンが怒られている時は、デルタの反応は結構冷たい。
ちょっと見に来ては、ニオイを嗅いで去っていく。

誰かがおいしそうな音(袋を開けるような)を立てれば、
ガレンのことなど一瞬で忘れて音のするほうへ飛んでいく。

このときも、何度か見に来るが、慰めというより
笑いに来ているような感じ。
デルタらしくてよろしいけど。

DSCN1803.jpg 反省した

怒られるようなことはしなさんな。





ありがとう!ちょっと魔が差したんです


勘弁しておくれ   
この頃、やけに気になることがある。
(何か口にしている場合は、少々ご注意を)

人ではないので、文句を言ったところでどうなることでもない。
どちらかというと、どうにかなると有難いのだが。

DSCN1787.jpg 聞こえないフリ

それは。。。

おなら。

精一杯爽やかそうな色にしてみたところで、
つまるところ放屁なのだから無意味なんだけど。

生理現象だから仕方がないとはいえ、クサイ。
以前はこんなに撒き散らしていなかったように思うのだが。
お腹を壊してはないし、快腸(かいちょう/造字)なのかもしれん。

DSCN1789.jpg プッとね

それが、タイミングよく人の近くでするもんだから、嫌がられる。
音があれば、警戒することもできるが大抵無音。

2頭いるからこそ犯犬が曖昧。
しかし、そこは人族。
犯犬を割り出したくなるのが心理。

どちらかわかった方が、逃げ場所もより遠くへと考えるからだけど。
臭いものほどニオイを嗅いでしまう心理は、
ワタシにはあまり当てはまらないけど、こういうときは別。

より遠ざかるために、一瞬ひん曲がる鼻を犠牲にする。

DSCN1790.jpg この鼻は飾り物

一度放屁すると、その後も何度か出るらしく、
1回目の犯犬がわかると、2回目以降は容疑者。

出るときはとことん出すくせに、出ないときは穏やかなもんである。
出すとなると、片方につられるのかたまたま重なるのか、
あっちでもこっちでもプッ!

ワンコのぷぅは、どうしてあんなにクサイのか。

DSCN1791.jpg プイプイいわすぜ!

音が出たときには、自分でびっくりしていることがある。
変な子。

アスカは、自分のオナラの音に首をかしげていた。
自分の屁の音に疑問を持つワンコ。

犬にとって放屁とは、無意識の現象なのだなぁ。
そのときばかりは、よく利く鼻も機能停止か。
時々、ぶしゅん!と鼻をならしていることもあるけど(笑

オレのおならは DSCN1792.jpg バラの香り

嘘こけ。
こくのは、屁だけで十分です。

ここ数日、デルガレのおならDayらしく、
どこかで誰かが「クサッ!」と言っている。

DSCN1793.jpg ごめんやで

かわいいだけで、許されることもある。





ありがとう!クサイのクサイの飛んでいけ~


女の子なのに!   
昨日、カットに行ってきた。
もちろんデルガレが。

最近カットモデルが増えたのか、何かしらの理由からか、
デルガレのカット期間が、1ヶ月から2ヶ月置きになっている。
1ヶ月カットしなかったからと言って、どうなるわけでもないけど。
毛ボールになる犬種でもないし。

カットから帰って来たデルガレは非常にスッキリしており、
トリマーの卵さんだけど、カットしてくれるだけで十分である。
毎回背中に、バリカン跡がガッツリ残っているけど(笑
今回は前回よりマシなどと、評価もされるけど、知らぬが仏。

元々小顔のデルタ、コッカーカットをすると更に顔が小さく見える。
顔は全バリされるから当然だけど。
カットしたお陰で、今まで見えなかったものが見えるようになった。

DSCN1782.jpg 鼻の横注目

ハゲ丸見え。
これは以前からあったハゲ。
よく見ると、カサブタらしきものができていたことがあった。
掻きすぎたのか?

その下の白い部分は、口ではない。
写真をアップしてから気がついたのだが、バリカンハゲ。
ゴムパッキンのたるみの部分だから、
刃が深く入ったのだろう。

普通に見る分には全く見えないが、
この角度からだとよく見える。
カルテに、ハゲさせたことを書いていなかったところを見ると、
カットした人自身も気がついていない模様。
怪我じゃないから気にしない。

思わず、ウトウトしているデルタを起こして確認してしまった。

DSCN1779.jpg 目の下注目

鼻の横ハゲよりも若干大きいハゲ。
バリカンでつけた割には器用すぎるくらいのハゲだった。
やはりこれもカルテには書いていなかったので、
元々あったハゲと思われる。

いつの間にこんなものを作っていたのか。
まじまじとハゲを見つめても傷がついている様子もないし、
皮膚がガサガサになっているということもない。

何かトラブルか!?
実は、鼻の横ハゲも掻きすぎではなくて、
目の下と同様で、何らかの予兆!?

DSCN1778.jpg
こっち向きんしゃい

病院行くべきか!?
でも、体調の変化はなさそうだし。
ストレス!?
。。。の原因て、何やろ。。。?

うんちょも毎日快便だし。
う~ん、もう少し様子を見るか。。。?
広がるようなら速攻病院行ってきやす。

DSCN1785.jpg Wハゲ

あぁ、可哀想に。
カメラ嫌いゆえに、ブサイク顔が多いデルタだけど、
こう見えて、結構美人さんなんだけどなぁ。

その顔に2つもハゲが出来てしまって。。。

DSCN1780.jpg
いっぱいハゲって言わへんの

ハゲデルタ。。。。。。





ありがとう!こんなハゲに心当たりのある方、ご一報ください。


ふと思った疑問   
コッカーがいる方はよくお分かりかと思うが、
身体のわりに、足がでかいです。

毛のせいもあるけども、風呂に入れたときなんかには
足のでかさが顕著に現れる。
デルガレを見た人は、大抵二言目には「足が大きい」とびっくりする。

元々大型犬LOVEのワタシ。
その大型犬に匹敵するほどのでかさだ。
アスカさんも当然でかかったのだが、大型犬だから。
その足を思い出しながら比較してみると、
4つの肉球が、縦に並んでいるか横に広がっているかの違いだった。

DSCN1772.jpg
最近知った近所のパピヨンさん。

こんちゃーっす

でかい足が可愛くて、トリマーの卵さんにカットしてもらう前は、
足のでかさを強調してもらうカットをお願いしていた。

ド○えもんみたいな、まんじゅうに棒が刺さってるみたいな足にと。
帰って来た時は、足の可愛さに、「世界のなべあつ氏」じゃないけど
アホになったもんである。

ある時、その足のでかさが気になった。
自分なりに考えたのは、走るときに安定感があるから?
その程度しか思いつきやしなかったさ。
とにかくワタシ的に、足に重心があるって、かわいいと思う。

調べてみたけど、そんなマニアックな情報見つかることもなく、
新たな疑問がわいてきた。
A・コッカーの分類は「鳥獣猟犬」。
基本的に何をする犬かは書かれていなかった。

そんなことも知らずに飼っていたのかと我ながら情けないが、
お仲間のE・コッカーは、「鳥を飛び立たせること、鳥獣回収犬」と
きっちり書いてある。
どういうこっちゃ。

DSCN1774.jpg 毛ぶくれ中

鳥獣猟犬てのは、自ら猟をするってことかいね?
人が打った鳥をどうこうではなくて。
何だかよくわからんが。

ウズラとかの小さな鳥を獲物にしていたことはわかった。
しかし、ワタシにデルガレの、本来の仕事を聞かれないことを祈ろう。
「猟犬です」で誤魔化す気満々。

DSCN1775.jpg
可愛けりゃ、ヨシ!

飼い主心、鷲掴みの笑顔。





ありがとう!悩殺スマイル!


トイプーじゃないのヨ!   
台風が接近してきてますね。
九州・沖縄地方は大変だろうな、と心中お察しいたします。

直撃は滅多にない本州ヘソ近辺の古都ですが、
影響は出ますとも。
暗雲垂れ込めている夕方、雨の気配を感じながらも
そそくさと散歩に出かける。

こんな時に1頭ずつ散歩してられない。
ということで、あっちフラフラこっちフラフラのモジャモジャを連れて、
虫が増えて敬遠していた大きい方の公園に行ってきた。

雨が降りそうだというのに、
いつもより時間がかかりそうなルートを選ぶワタシ。
我ながら意味不明。

DSCN1767.jpg これは別の日

こんな天気だから、誰もいないだろうと思っていた。
広い場所でデルガレと遊ぼうと思っていたのに。
なんだ、結構いるじゃないか。

帰れよ。遊べないじゃないか。

それに、小さいワンコもいるし。
あ~あ、とワンコを気にして踏ん張るガレンを引きずって、
その場を去ろうとした時。

ワタシが通るために。キャッチボール(?)の手を止めていた親子。
父親は吠えるワンコをなだめていた。(この親子の犬だった)

DSCN1769.jpg 夕陽に向かって

すると、目の前を通ったデルガレを見て息子たち(2人いた)は、
弟「トイプードル?」
兄「トイプードル※☆♪スタンダードプードルとかじゃない?△※☆×」

何やて?

弟の「トイプードル」の声に、心の中で否定していたら、
兄のセリフは断片にしか耳に入ってこなかった。
トイプーにはよく間違われるけど、スタプーには間違われたことないぞ?

きっとこの子は、名前は知ってるけどスタプーがどんな子なのか
知らないんだろうな。

めっちゃでかくて、カワイイで☆

じゃなくて、スタプーとは比較にならんで。
というよりも、プードルじゃないから。

DSCN1770.jpg

帰りたい

アメリカンコッカーて、知らない人多いんだねぃ。
ディズニーで有名だと思ってたんだけど。
ま、人気犬種でもないから知名度が低くても変じゃないか。

うちのデルガレを見て、約8割の人がトイプーと言う。
1割の人は、イングリッシュですか?と聞くか、どっちか迷う。
ワタシは、イングリッシュのが後に知ったけど、世間はそうじゃないのね。
そして、残りの1割の人が正解を言ってくれる。

そんなにトイプーと似てるかしら?
ワタシには全部見分けが付くんだけど。
うちにいるから?

DSCN1771.jpg

帰れた♪

見分けにくい?





ありがとう!全部トイプーに見える?(笑


釣り合わない   
以前は2頭同時に散歩が普通だった。
1頭ずつ散歩するようになって久しい。
時々2頭連れて出るけど。。。

ついこの間まで、デルタがヒート中だったこともあり、
散歩の距離が短かった。
ホントは、短くする必要はないのかもしれないけど。

DSCN1759.jpg

本犬も行きたくなさそうだったこともあって、
近場で済ましていた。

そんなデルタと相反して、ガレンの散歩距離が長くなった。
家が好きで散歩はしぶしぶだったガレンが。
いつも、デルタ→ガレンの順で散歩するが、
デルタよりも先に部屋を飛び出してくる。

何たる進歩か!と喜んでいた。
デルタの散歩のとき、時々出会うワンコに、
ガレンを連れていたときに出会った。

DSCN1760.jpg そこは、座るとこじゃないっ

シェルティの男の子。
とってもシャイなんですって。

そんな子が、ガレンを気に入ってくれて、
ガレンの後をずっと付いて回っていた。

ガレンはと言えば、撫でてもらっているか、
一緒にいたパピートイプーちゃんのニオイを
一生懸命嗅いでいた。

ゴールデンちゃんや柴ちゃんもいて、
たくさんのワンコと一緒にいて楽しかっただろうに。

DSCN1761.jpg 日光取り込み中。。。

今日デルタの散歩距離を久しぶりに伸ばしてみた。
いい感じにバテて帰ってきたデルタ。
すぐにガレンの散歩に出るワタシ。

ガレンもルンルンの足取りで玄関まで出てきた。
外へも元気良く飛び出した。
はずだった。

ハズダッタ。

DSCN1762.jpg ん?

家を出て少し歩いた先にガレージがある。
その間に、既に出すもんは出し切ったガレン。

いつもならその先へもズンズン進むのに、
今日に限ってガレージ内をうろついて満足してしまった。
なんじゃそら。

いつもよりデルタの帰りが遅かったからか。
散歩へ行きたい気分が降下したのか。
ルンルンの足取りそのままに、帰って行った。

DSCN1763.jpg あちゃー。。。

お前はそれで満足なのか?
と思いもしたが、本犬は楽しそうに玄関で足を拭いてもらうのを待っている。

デルタの散歩距離が短いと、ガレンが長くなる。
デルタが長いと、なぜガレンは短くなるのか。

楽しく散歩に繰り出そうとしているワタシの気分は、
毎回どちらかによって、遅かれ早かれ打ちのめされている。
なんでやねーん。

DSCN1764.jpg なんでやねーん

だから、なんでやねーん?





ありがとう!なんでやねー。。。ん。。。?


雨の日は   
朝から1日雨。
明日も雨ですと。

雨嫌いのワンコには、お家でのんびりゴロゴロ。
あっちでゴロゴロ、こっちでコロコロ。
雨でも散歩に行きたがるワンコでないことは、ありがたし。
そんなワンコ飼いさん、お疲れ様です。

DSCN1753.jpg ある晴れた日の玄関で

今日は、急遽ワタシだけお出かけとなり、懐かしい人に会ってきた。
用事があっただけなんだけど。

ご飯してお茶して帰ってきただけのわりに、結構楽しんでいた自分に気づく。
雨だからほぼ車の中で、何だかんだとしゃべってたなぁ。。。
久しぶりに会った人が、変わってないってちょっとウレシイもんだねェ

そんなウキウキを、持ち帰ってきたもんだから、
消化に困っているワタス。

DSCN1754.jpg

                  寝るもよし

デルガレとたわむれるのも良し、だけど、
ここしばらく聞かなかったCDなんぞに手を出してみる。

今時はCDじゃなくて、DLなのかしら?
CDを買うこともなくなったけど、
その領域には未だに足を踏み入れてないんだけど。

過去に買ったCDを引っ張り出して、パソに突っ込む。
改めて聞くと、その時は何とも思わなかった曲がイイと感じる。
もしくは、当時は何となく流してた曲のストーリーを理解したり。

DSCN1755.jpg ほほぅ

妙に楽しくなっている。
聞きまくってた時のこと思い出したりもして。
年寄りみたいだわ!

デルガレと遊んで、若いエネルギーを吸収しなきゃ!(間違い

あのモフモフは、ホントに万能だね!

我が家に来るのは、アスカさんといいデルガレといい
タレ耳長毛のワンコ。
意図してではなくそうなった。

それもこれも、あのモフモフが好きなんだなぁ。と思う。
ヒトゴトのようだけど。

DSCN1756.jpg 高級毛皮やで

あ、だいぶウキウキが治まってきたわ(笑

ガレンの、やる気のない顔を見ていたからかすら?

我ワンコながら、デルタもガレンもどちらもいつでも「やる気がない」表情。
A・コッカーすべてではなく、うちのデルガレの少ない共通点。

デルタを飼い始めた当初、そのことを、ある人に写真添付でメールした。
すると、「いいわぁ。やる気のない顔って好き」的な(曖昧/笑)
返事が来た。

DSCN1757.jpg ぼー。。。

この顔は、見てるほうのやる気も削ぐという効果がある。
良いか悪いかは別として。

飼い主的には、何でもOKでしょう。

ワタシのデスクトップをどでかく飾る、ガレンのアクビ顔。
他の飼い主さんなら、それをわざわざデスクトップにしようとは
思わないだろう。
かわいい顔もいいけれど、ワタシは気が抜けた顔が好き。

DSCN1758.jpg Objection!

ふてぶてしい顔も、実は眠いだけ。





ありがとう!でっかい足は、ご愛嬌


笑顔の寝顔   
寝顔と言えば、この方に勝るワンコは少ないはず。
知らんけど。

少なくとも、デルタの見えない寝顔よりは観賞して楽しめる。
デルタは、物陰でなまこのように寝ていると、
どっちが頭で、どっちが頭かは触るまでわからないという
特技(?)の持ち主。

頭を撫でようと手を伸ばしたら、尻だったなんてことは日常茶飯事。
白いって自己主張が出来ていいねぃ。
ベージュだけど。

DSCN1745.jpg

睡魔に襲われ中

場所が移動したソファ。
どこにあろうが、乗ってくる。

普段は、立ち上がらないと見えないテーブルの上も、
ソファに上がればよく見えるってもんだ。
だからって何かもらえるわけではないんだけど。


このソファ、睡魔が住んでいるのではないかと思うくらい
ごろ寝した者を眠りにいざなう。
例え眠くなくても。

DSCN1748.jpg

睡魔と応戦中

座り心地はヨロシクないくせに、横になると寝てしまうとは
ソファの意味を根底から覆すかのようだ。

ソファだろうが何だろうが、ワンコはどこでも寝るけどね。
肘掛が、あご置きに丁度良いのか、
つぶれあんぱん顔。

タルタルのゴムパッキンが緩んでいる寝顔を、
我が家では「つぶれあんぱん」と呼んでいる。

DSCN1749.jpg

      負け

なぜ、あんぱん限定なのかは、おねぇ本人にしかわからない。
そんなくだらないことを考えるのは、おねぇしかいない。
どうでもいいので、追求しない方が賢明であろう。
どうせ「何となく」に決まっている。

それにしても、随分とまつ毛が伸びたなぁ。
顔に陰を落とすくらいに。
本犬は、これが普通なので何とも思っていないかもしれない。

DSCN1751.jpg

幸せそう

えぇ顔じゃのぅ





ありがとう!悟り顔もいいけど、笑顔もね


お出迎え   
突然思い立って、部屋の掃除をし始めたワタシ。
その間に留守番を頼まれる。
デルガレと共に。

2階にいるワタシの元へ連れてこられたワンコ。
しかし、掃除中のワタシには邪魔ワンコ。
掃除の邪魔になる部屋の物を廊下に出していたため、
ワタシの部屋に来れなかったデルガレは、
一旦おねぇの部屋へ放り込まれる。

というか、自ら入って行った。
他の道も絶たれていたからね。
とりあえず、掃除機が終わったら様子を見に行ってみると、
扉の前に並んで座っていた(笑

もう出てもいいとなると、階段を下りて玄関へすっ飛んで行った。
まだ拭き掃除が残っているワタシは、
デルガレを放置プレイ。

掃除に満足したワタシが再びデルガレの様子を見に行くと、

DSCN1741.jpg

  ん?  まだかな~?

ガレンのしっぽが!(笑

出かけた親待ち中のデルガレ。
普段、一緒にいることなんて少ないのに。

ワタシと留守番となると、ワタシの部屋にいるか
下の部屋の扉が閉められていない限り玄関にいる。

物音がすれば吠えるくせに。

DSCN1742.jpg ブレブレ

こちらは、腰を据えて待っているどっしり型。
そんなに玄関で待ちたいか。

車の音がすると耳が立つが、うちのじゃないから。
ワンコって自分家の車の音、聞き分けるんじゃなかったっけ?
何にでも反応してるけど。

DSCN1743.jpg

寝そうやで~

ご自由に。

一方こちらは、ソワソワ型。
立ったり座ったり、扉の前まで行っては帰ってくる。
落ち着きのないやっちゃ。

デルタの反応に左右されるらしく、忙しい。
自分で見極めんかい。

ようやく帰ってきたとなると、

DSCN1744.jpg

この通り。

足並みも揃いまっせ~





ありがとう!ガレンの後ろ足が、千鳥足


水分補給量   
ここんとこ、ずっと悩み中。
暑くなってくるから、水分の補給は必須。

今使ってるのは、ケージに取り付けられる一般的なドリンカー。
実はそれが問題。
お店で考えまくった末に購入したんだけど、
以前にも同じものを買って、我が家で「ダメ」の烙印を押されたもの。

数年前だったこともあり、改良されているかも!?
という淡い期待を抱いて再購入。
再び「やっぱりダメ」の烙印を押したった。

DSCN1735.jpg 変な後ろ足の形

表示には、「中・小型犬用」とあったのだけど、
水の出方を見れば、どう考えても小型犬専用。

それはもう、小型犬並の水の飲み方をする中型犬なら
何の問題もなかろう。
いるかどうかは別として。

我が家には、水がぶ飲み犬がいる。(ガレン)
そんなヤツには、非常に向いていない。
しかし、今はそれしかないので仕方なく取り付けているが、
文句たらたらである。
見ているワタシもイライラである。

犬の舌で、3~5回カラカラとボールを転がして、
やっと小さな気泡が上がってくるのだ。
デルタはもう少し上手く飲むが、それでも出にくいようだ。

DSCN1736.jpg 
なかなかいい顔

ネジ部分をかなり緩めると、空気が入りやすくなり少々改善されるのだが、
あまり効果的ではない。
頑張って水を飲むリズムで、徐々に緩んで最終的には
取れてしまうからだ。
無意味。

水を飲みたいガレンは、イライラしてストレスが溜まってしまう。
どうしてもがっつり飲みたい時は、人間と洗面所を行ったり来たりしている。
ガレンのように「飲ませろ!」と主張してくるならまだ、何とかしてやれるが、
デルタのように無言だとどうしてやることも出来ない。

何とかご飯を水分たっぷりにしてあげているが、
それだけでは不十分なことは目に見えている。
洗面所で水を飲み慣れないデルタは、
ガレンのように連れて行っても飲まない。

DSCN1737.jpg 見返りデルタ失敗

それ以前に使っていたのは、ペットボトルを逆さにして、
飲み水の水位が低くなればボトルから補給されるシステムのもの。
と書くと、何だか高級っぽいけど、何てことはない。
理科の実験的補給方である。

それだとガレンは、ストレスなく飲めるけど、
やはり問題はデルタ。
今使っているドリンカーよりは飲んでいた、もしくは同じくらい
だったように思う。

デルタの何が問題かというと、ビビリ
こんなところでも発揮しなくて良い。

飲んでいると、当然水は少なくなっていく。
するとボトルから補給される。
その際、当然スムーズに流れるわけはなく、
ごぼん、ごぼんと音がする。
その音が怖いらしい。

それ以降、へっぴり腰で水を飲む姿が目撃されている。
問題はそれだけに留まらず、ドリンカーと違って
置き型であるということ。
犬が水を飲むと、そこら中水浸し気味。
ポタポタと口から水を垂らしながら歩き回られても困る。

しかしそれは、タオルを敷いておく、常備しておくことで何とか
妥協することにした。
しかし、どうしても我慢ならないことが。

DSCN1738.jpg 甲羅干し。。。?

水が空気に触れた状態で置いてあるので、
どうしてもホコリが入ってきてしまう。
何度水を換えても仕方のないことだが。。。

使い勝手の良いドリンカーを探し中。





ありがとう!お手ごろでいいものがあれば是非!教えてくだされ


日陰のセニョール   
アスカさんの記事に完全燃焼して、ネタ切れまくったわ。
単純ね♪

ジワジワ日照時間が長くなってきた今日この頃。
太陽が出ている間の散歩も、長時間は危険時期になってきた。
真っ黒なわりに、元気よく外へ飛び出し、
暑くてパンティングしまくっているけど、しっかり歩くデルタ。

その正反対のガレン。
外へ連れ出す飼い主の気持ちもわかってほしいもんである。

DSCN1730.jpg

きゅ。。。

休憩やろ。
わかっちゃいるけど、めんどくせぇ。

立ち止まったら、ホントに根っこが生えたように動かなくなる。
そこが問題なのだ。

暑いけど、頑張って歩けば大好きな家へ、とっとと帰れる。
動かなければ、日が暮れて涼しくなるかもしれんが、
なかなか家には帰れない。

さぁ、どっちがよろしくて?

DSCN1731.jpg

どっちも嫌

やっぱりな!
あっついのに、もじゃ犬を抱っこする気にもなれん。
だから、歩いてくれ。

「あいつら何やってんねん?」みたいに見られてるから。
ワタシの苦労は当然知らず、「かわいい♪」
言ってくださる方もおるけれど。

「わかってる」「ありがとう」と言う方の身にもなれぃ。

DSCN1732.jpg

どーも どーも どーも

。。。イモト?(byイッテQ)

「どーも」って日本語、意味不明よね。
そんなことより、歩いて?(切実に)

ガレンの散歩行くたびに思ってるな。歩けと。
もう、いっそのこと、散歩に行かなくてもよさげ?

いやしかし、
運動不足になるし、太ってほしくないし。
どうしたもんか。。。

DSCN1733.jpg

眠くなってきたで

ところでさ、気づいてる?
たぶん無関心やと思うけど。

セニョ-ル、そこは日陰で涼しいだろうけど、
飼い主のセニョリータは、日向で焼かれてるんだけど。

DSCN1734.jpg

あへ

笑って誤魔化された。
笑ってゴマと化された(←?)





ありがとう!「セニョール」って、スペイン語だっけ?


                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。