古都に住まう2頭のA・コッカーに遊ばれる日々
    
スポンサーサイト   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
想いを馳せる   
毎年、何となく通り過ぎていた4月30日。
30日前後には思い出しても、当日忘れていたりする。
今年は前日思い出して、当日も覚えていたぞ、と。

ワタシにとっては特別な日。
家の人はたぶん忘れてる。
何かやりたくて、でも、何も思いつかなくて。
思い出すだけで終わってしまうけど。

DSCN1727.jpg

アスカさんの命日

30日へと日付が変わった深夜のこと。
もう、6年も経つ。
つい最近まで、部屋の隅のいつもの場所で寝ていたような
そんな錯覚。

犬がいることが当たり前になってしまったのは、
アスカが我が家へ来てから。
それまでは、犬に全く興味を持っていなかった。
嫌いではないけど、好きでもない。
そんな感じだった。

地蔵盆のお祭りのとき、すくってきた金魚が長生きで、
鯉とまでは言えないけれど、金魚の範疇を超えているのでは。
出目金は、なんだかボロ布が水の中にあるような。
そんな金魚たちが長年我が家のペットだった。

DSCN1728.jpg

足にいっぱい絡まってくる

一昨日(だったかな)、お隣の黄ラブちゃんがアスカの元へ旅立った。
数日前に、散歩をしていたワタシに向かって吠えていたのが
ワタシが聞いた最後の声となった。

前を通るたび、遊んでほしくて吠えていた彼女。
びっくりさせられることも度々あったけど、
もう声が聞こえないとなると寂しくなる。

唯一アスカとふれあったワンコだったのではないだろうか。
アスカがいた当時、犬を飼っている家は少なく、
散歩中他のワンコに出会うことも少なかった。
散歩嫌いだったアスカは、外に出ることも少なかったけど。

お隣と裏庭が隣接し、区切りは柵だけだったが、
黄ラブちゃんが来てしばらくすると、ブロックになってしまった。
ちょっと寂しくもあった境界線。

アスカを見て大きい犬を迎えたお隣さん。
その奥さんのお姉さん(といっても双子)は、
デルタを見て、同じ犬がほしくなったそうで。
でも、いなくて、黒のトイプーちゃんに決めたとのこと。
我が家のワンコは、影響力がありますなぁ。

DSCN1729.jpg

ワタシはトイプーちゃうよ。

     よく間違われるけど。


もし、今アスカがいたら、デルガレとどう接するかな?
とか、散歩したら間違いなく目を引くよな~とか。
ワンコ自体が少なかった当時、アスカは珍しすぎるワンコだった。

今は、デルガレを連れ歩きながら、アスカを思い出す日々。




ありがとう!よき思い出かな


スポンサーサイト
行きはイヤイヤ帰りはホイホイ   
携帯からがっつり更新しようと思ったのに、
結局何もしてないのと一緒だったな。
携帯カテゴリ作ったのに。。。


我が家の散歩嫌い犬、ガレン。
最近引きこもり気味。
多少マシになったものの、まだ散歩というには程遠い。
出すもん出したら引き返す。

そんなの散歩じゃねぇ

DSCN1722.jpg

ここから帰るで!

許さん。

引き返すか、この道を行くかでもめる犬と人。
我が道を行こうとする犬。
犬に従うわけには行かない人。

交差点のど真ん中だというのに。

狭い近所1周だけでは、運動不足ではないか。
もう少し遠回りした方がいいのではないか。
散歩に出るたび、
あっちは嫌だこっちに行く。
そっちはダメだこっちへ来い。

こんなんばっか。
たまにはガレンの行きたいところへ連れて行ってやるが、
基本ワタシのルート。

DSCN1723.jpg

疲れた

「ガレン君、こっちおいで~」を何度も繰り返す。
どんだけ言わせたら気が済むのか。
何度スト起こしたらすんなり歩いてくれるのか。

足の負担は気になるけど、メタボになられちゃ困る。
そっちの方が負担である。

おじいちゃんに間違われることもあるけど、
今はまだ若い。
今は良くても、この先のことを考えると運動不足は大敵。

散歩が楽しいと思ってくれればいいのに。

DSCN1726.jpg

家まであと少し!

帰るとわかると、バテたように歩いていたのは演技か!
疲れたフリか!





ありがとう!主演おかま賞を狙ってるかもしれん


もうすぐ   
20080428153023
寝る一歩前。
いい天気で、昼寝にはうってつけ。
寝床の不思議   
雨で地面が濡れていた。
これじゃ、散歩に行けな。。。
くもないけど、ドロドロビチョビチョは避けたい。
長毛種じゃなかったら行ってたかもしれないけど。

そんなとき、ワンコはひたすらゴロゴロ。
いいなぁと思いもするけど、そうでもなかったりもする。
なぜかというと、飼い主が邪魔しに来るから♪

DSCN1718.jpg

今起きたら、飼い主の思う壺や

椅子の横という、結構邪魔なところに寝ておる。
思い出してみれば、ガレンの寝床は大抵邪魔なとこ。
例えば、扉の前。

幸い我が家はほぼ引き戸。
しかし、扉の前で寝ていると、当然踏まれる確立が高い。
が、あまり踏まれたこともない。
扉を開けるときの目線は、意外に下なんだなと。

DSCN1719.jpg

足の重なり具合が、ぐぅ

他には、椅子の足の間とか、冷蔵庫の扉の前。
冷蔵庫を開けられて、強制的に起こされている。
それでも、その前で寝ることをやめないのは、どうしてかと。

時々、椅子の上でも寝ようとする。
どう考えても、ガレンの身体には狭すぎる座面。
50センチ×50センチくらいだろうか。
そこに、ダイナマイトボディのガレンが、丸まっている。

明らかに寝苦しそうな上、足または頭が乗り切っていない。
どうにか乗せようとゴソゴソしているが、無駄な話である。
身体の方がでかいのだから。

DSCN1720.jpg

顔の毛は、特別気持ちが良い

床で寝転がっている方がよっぽど伸び伸びと寝られそうだが。
そうまでして椅子の上で寝たい理由は、人族にはわからないのだろう。

それとも、狭いところがお好き?
犬は、暗くて狭いところが落ち着くみたいだけど、
椅子の上は、どうかと思うぞ。

あと、ソファに座っていると、ガレンは必ず足に乗ってくる。
乗せてはイカンとわかっているけども、寒い時は暖かいし
何と言ってもかわいい☆

ただ、重いことを除けば。

DSCN1721.jpg

でかい足は、チャームポインツ

ま、どこで寝ててもいいけどね。





ありがとう!邪魔にならないところで寝ててほしい
次回はもしかしたら、しばらくお休みか、携帯からになります
窓の外   
夕方、デルタとの散歩の帰り。
どこからか、犬が鼻を鳴らす声が。
聞き覚えがあるような気がして声の方を見ても、
姿は見えず。

記憶を辿って、犬がいる家を思い出してもピンとこない。
もしかして。。。?
と思いつつ、思い当たる場所を見つめながら、とりあえず歩みを進めてみる。
すると、道の向こうから母上の声。

普段メガネだったけど、必要な時以外はかけなくなってしまった。
姿は見えないが、いる場所は見当が付く。
やっぱり。。。と思いつつ来た道を帰ると、
近所の喫茶店にガレンの姿も。

鼻を鳴らす声は、聞き覚えがあって当たり前。
ガレンだった。
ドッグカフェじゃないけれど、庭に入れるならOK。
たぶん、犬を連れて来るのはうちくらいだ。

DSCN1705.jpg

喫茶店の庭で

頻繁に連れてくるわけじゃないけど。
元々ここにワンコがいたからデルタもガレンも入れてもらえる。
時間もなるべく、人がいなさそうもしくは、少なそうな時間に。

入れてもらうときは、許可を取ってから、抱っこしてサッと庭に入れる。
出るときも動揺同様。

DSCN1706.jpg

鳴き疲れ、一時休止

たま~に入れてもらうお店だから、散歩帰りこのお店の前を通ると、
よく中を覗きに来る。
もちろんデルガレがね。ワタシではない。(笑


この日、デルタは散歩帰り。
庭に入れると、大人しく座っている。
お疲れらしい。

DSCN1708.jpg

スマ~イル

ずっと中を見ていたデルタの息が、
窓にかかって、小さく曇らせていた。
外は暖かいはずなのに、寒そうな現象。

ガサツ太郎のガレンは、立ったり座ったりウロウロ。
でも、それもままならない様子。
なぜかというと、

DSCN1709.jpg

デルタの足元注目~

デルタが、ガレンのリードを踏んでいるから。
良いように見れば、いいお姉ちゃんぶりを発揮しているように
見えなくもないけど、

偶然そうなっただけ。

足を避けるのが面倒なのか、気が付いていないのか、
たぶん後者だろうけど、ウロウロするガレンをしつけているように見えた。

DSCN1712.jpg

「入れて」の催促中

ダメです

結局、デルタの隣に戻ってきて、座っているガレン。
落ち着けよ。

それなりに年を取ったら、落ち着いて来るんだろうけど、
何だか、ガレンはホントに落ち着くかどうか不安である。

DSCN1713.jpg

まだ催促中

無駄だということに、早く気が付けよ、ガレン

お疲れで、最初から最後まで座っていたデルタが、
帰り支度をする姿を見て、置いて行かれるとでも思ったか、
小熊ぶりを発揮。

DSCN1716.jpg

ちょっと待ってやー!

見えにくいけど、熊のような肉球。





ありがとう!でっかい足もお気に入り


飼い主の内心   
散々書き散らしている「ガレンはグーたら」。
引きこもり気味になっていたこの頃。
この間、だましだまし散歩していたのが効いたのか、
近頃散歩に行きたそうにしている。

その割りに歩かないのだが。。。
遠くのお城まで行かないようにして、
公園の中だけを回るようにした。

公園の真ん中あたりに東屋があるのだが、
行きは別ルートで何とか遠回りでやり過ごせるのだが、
どうしても、走っていたりする人の邪魔にならないように、
と思うと、帰りは東屋があるルートを通ってしまう。

DSCN1701.jpg

休憩てゆうたら休憩じゃ

こうなることが分かっていたとしても。

そこで、急ぐ理由もなければ、ガレンに休憩も必要かと
優しさアピール。
誰もわかってくれないアピール。

ガレンに合わせて、ワタシも休憩がてらカメラマン。
休憩しているときは、ドキドキしていることがある。
それは、誰かに話しかけられること。

特に子どもだけの集合体。
見かけたら、「お願いだからこっちに来ないで」と、ひたすら願う。

DSCN1702.jpg

良きに計らえ

ガレンは、この頃お子様に慣れてきている様子だが、
ワタシとしては、当然気が抜けない。
これが、アスカさんなら「どうぞ好きなだけお触り遊ばせ」と
思うところである。

ワタシが、お子様を苦手だと思っていても、そのドキドキは、
アスカには関係なさそうだからである。
目の前にいる他人様に吠えたことがなければ、
吠えようとする様子もない。
従って、誰かを噛むなんて行為とは、無縁のような子だった。
だから、安心して触らせられるというものだ。

しかし、デルガレだと、そうは問屋が卸さねぇ。
今まで他人様を噛むようなことはなかったが、
これからもそうだとは思えないからである。

DSCN1703.jpg

おやつはまだかえ?

ダイエッターが何を言いやがりますか。

ビビリゆえに、重低音を響かせるようなチビさんたち。
誰とでも仲良くなれるほど社交的ではないのが残念。
ワタシとしては、いろんなワンコと楽しく遊べるくらい
落ち着いた子になってほしいと常々思い。

そんな飼い主の内心が、伝わっているか否か。
前より随分よくなっているとは感じる。
「別々に散歩しているときのみ」という但し書きが付くけれど。

DSCN1704.jpg

抱っこ希望じゃ

却下
どんな人とも、どんな犬とも仲良くできるワンコに、
話を聞いてみたいものである。




ありがとう!仲良くするコツは何ですか?と


風に吹かれる   
風の強い日だった。
普段からまとめていない髪が、顔にかかるかかる。。。
メデューサもびっくりだったかもしれない。

ワタシの髪は、伸びるのがとっても早いのだけど、
ここにも早い犬がおりまして。

DSCN1697.jpg

頭注目

いつもはガッツリ刈ってある頭の毛が、
なぜか、今回はやや残し。
なぜ?

それゆえに、ちょっと伸びただけでこの通り。
風にもなびくデル毛かな。

DSCN1698.jpg

まだなびく

晴れた風の強い日ってのは、結構好き。
風で木が、ざぁっ。。。とざわめくところとか。
デルガレの耳が、ふわっと持ち上がるところとか。

大きくて重いんだけどな。
それで、風の強さを計ったり。

DSCN1699.jpg

「とさか」ができました

そんな風のお陰で、花びらの散った後の桜の残りが。
あちこちに落ちてるもんで、当然避けられず。
本犬は、当たり前ながら全く気にしてないのだが、
足毛に絡みつくソレを取るのは、ワタシ。

強い風が、桜の木を揺らし、これらをハラハラと散らしていくんだが、
長毛種飼いとしては、悲しくなるばかり。

全国に、同じ想いの人がきっといるはず。
風は好きだけど、デルガレ毛にオプションはいらね。
帰ってから、ちまちま取ったことは、悲しきかな。。。

そんなオプション付きワンコは、
帰ってきたら、

DSCN1700.jpg

おパンチョ

ただ今ヒート中。。。




ありがとう!おパンツ姿がかわいくてたまらん
雨は風呂への誘い2   
ワタシのやる気が失せないうちに、第二弾。
工程はガレンと一緒。
ただ、厄介なのは、ガレンと違って後ろ足でしっかり立てること。

DSCN1687.jpg

た~す~け~て~
カメラを取りに出たら、悲痛な声で鳴いていた(笑

ガレンを湯船に浸けたときは、少々お湯が多い目。
手早く濡らしてさっと上げたけど、デルタを入れるときには、
だいぶ減っていた。

が、
何としてでも、「肩まで浸かってやらん」という意思に、

DSCN1688.jpg

お湯に浸かるの、断固反対!

ならば!と、お湯かけババァは、

こうしてくれる!

DSCN1691.jpg

前足払われの図

それでも必死につかまり立ち。

時々、前足払いをしても、湯に足が付く寸前で腰を捻る
という荒業をやってのける。
また、上手く足払いできても、大人しく浸かっていると見せかけて
お湯を目いっぱい跳ね上げながら立ち上がってくる。

そんな時、油断したワタシは、正面からお湯をかぶることになる。
狭い浴室では逃げ場も何もあったもんじゃない。
後ろを向こうが何しようが、結局は仕返しを受ける羽目になる。

必然的に跳ね上がってしまう湯を、
本犬、仕返しとは思ってないだろうけど。

毎回そのことを忘れ、湯をかぶってしまうワタシ。
今回は、カメラも被害物。
これ以上は無理、と洗うことに専念する。

DSCN1692.jpg

はよ出して!

デルタもガレンも、浴室では大人しいのに、
脱衣所では暴れまくり。
早く出せとクゥクゥピーピー。

デルタを拭くためのタオルを巻きつけ、
外の母上に合図。

黒い弾丸発射しマース!

扉を開けると、広くない部屋を猛ダッシュ。
デルタもガレンも、なぜかダッシュ。
そんなに風呂が嫌いか。

風呂上りはおやつタイム。
ジャーキーはただ今禁止のため、ご褒美は大根
ヘルシィ☆
細く気ってあげると、思いのほかよく食べる。

握ったスティック大根が手からこぼれたその時、
それを目ざとく見つけ、マッハで食べようとしたデルタ。
寸でのところでワタシの手のが早かった。

それを許すワタシではござーませんのことよ。
デルタを「サラリーマンの刑」に処す。

DSCN1695.jpg

七三分け

見えるかな~?




ありがとう!楽しかったですの


雨は風呂への誘い1   
昨日も今日も雨続き。
外へ出られないモヤモヤをどう解消してやろうかと。

近々風呂に入れんとなぁと思っていたことを思い出し。
早速、なくなりかけていたシャンプーを買出しに。
の、わりに、母上と一緒ゆえ、寄り道して帰ってきたら、
お風呂に入れようと思っていたこと、

さっぱ忘れてた!

いやー、危険危険。
1日無駄に過ごすとこやった。
耳掃除と、ブラッシング後、ガレンをドボーン!

DSCN1678.jpg

            ん?

内股の前足と、かしげた首がお気に入り。
ばっちぃ足が、濡れてより鮮明に。

風呂嫌いなデルガレ。
脱衣所前までは踏ん張るものの、風呂場へは諦めモードで、
自ら入ってくれる。
それはもう、すんなりと。

DSCN1681.jpg

いやー、参ったね

さっきまで不穏な気配を感じて逃げ腰だったのに、
もう風呂の中。

お湯かけババァは、行動が意外に早いのヨ。
カメラだって準備してるし。

自前風呂の時は、「湯船の中→濡れ鼠」の写真しか撮ってなかったけど、
今回は!
泡まみれの時を撮ってやろうと目論んでおった。

せっかくだから、泡でかっちりモヒカンを立てた頭を。
と思っていたら、カメラを取りに出、戻ったらヘナヘナになっていた。
片手ではどうも上手くいかず、この際キューピーに!

DSCN1683.jpg

          もわ~ん
頑張っているうちに、レンズが曇りおった。
よくよく見ると、角っぽいものが見える。
直視せず、視点を下へずらすと見えやすい。

目が痛くならない程度にしかと見よ(笑

幻のユニコーンならぬ、ガレコーン。
。。。名前だけ聞くと、何だかちょっと、食べれそう。

このままでは、カメラがまずいので退却。

DSCN1684.jpg

スッキリしました

後は、ここを出るだけ。

ガレミサイル発射しマース!

扉の向こうの部屋で、母上待機。
大判タオルを広げて待ってくれている。


3・2・1 発射ー!

DSCN1686.jpg

ずどどどどど

タオルめがけて一直線。

自分でフキフキできまーす。
だから、飼い主はラクチンでーす。
時々、目標外れてるけどー。

乾燥は、母上に任せて、ワタシは第二弾。
デルタを洗い上げたら、ガレンがこんななってました。

DSCN1693.jpg

当社比1.5倍モフ

特に胸毛。
次回は、「デルタ、サラリーマンになる」をお届け。




ありがとう!デルタを洗ったお話ですとも


相手にされない   
何だか怪しい雲行きに、さっさと散歩に行きたくなった昼下がり。
いつもの公園を抜け、お城へ。

桜が満開だった時には、人がわんさか溢れていたけど、
緑が目立つ木になってからは、溢れてた人はどこへ消えたのかと。
ま、ワタシとしては、ありがたい限り。

DSCN1666.jpg

あの木々は確か、ピンクだった

閑散として、遊ぶには持ってこーい。
でも、ちょっと暑かったのか、へばっていた。

ピンクだった木に替わり(?)、あちこちにこんな花が。

DSCN1667.jpg

たんp。。。

ちょっ!黄色のハナゲ!

邪魔、邪魔!
仕切りなおし!

DSCN1668.jpg

タンポポ~

タンポポを撮った後は、ワタシに付き合ってくれなくなったデルタ。
鳥やら何かの音がする方に耳を傾け。

どこかにいるのを探しているのか。
何か動くものでも見つけたか。
呼んでも、口笛で気を引いてみても、

               DSCN1669.jpg

                           停止

見返りデルタは、失敗に終わる。

その後も、何だかワタシは空気にでもなったよう。
どうせカメラを向けられると思ってのことか、
一切ワタシに反応せず。

挙句の果てに、
DSCN1670.jpg

おシリを向けて座りこむ

わかっておりますとも。
わかっているけど、おシリ。。。

そのままでいいから、カメラ目線希望。
なのに、
DSCN1671.jpg

ド~ン

背面率(造語)が更に倍。

クネッと身体の向きが変わっただけ。
何度もデルタを呼んでるのに、無反応。
カメラ向けるから、嫌われた?

ガレンじゃあるまいし、という休憩ぶりに、
そろっとその場を離れてみる。

DSCN1672.jpg

どうでもよさげ

チラッと振り返ったけど、何事もなかったかのようにそっぽ向く。
誰もいないけど、ワタシが不安になるから自主的に戻る。

何だか負けた気分。
隠れてみればよかったか。。。

DSCN1673.jpg

楽しげ

やっぱり負けた気分。

もう写真は諦めてカバンに仕舞うと、
ワタシを見上げて、もっといい笑顔したさ。
そんなにカメラが嫌か。

トボトボ家路に着くと、途中雨が。
仕方なく濡れながら帰ると、
こんなのが家に。

DSCN1677.jpg

座敷わらし

いいことあるかな。




ありがとう!ボロいところは、気にしちゃダメですの


狂犬病予防接種   
早く行こうと思っていた注射。
デルタとガレンを一緒に連れて行く予定が、
デルガレ別々に行くことに。

それもこれもク○ねぇのせいである。
自分が欲しいと言い出して迎えたデルガレ。

世話なんて、一切しませんのことよ。

そのことで、いい年こいて未だに喧嘩になりますヨ。
言い返される意味がわかりません。

そんなことはどうでもよくって、
今、我が家の車は、車検で代車(乗る許可を得ているが、私物)が。
車種は違えど、軽は軽。

DSCN1661.jpg

オレの話はまだか?

うちの軽は、今時ほとんど見かけない『Z』。
10年くらい前の車種。
山の中の我が家にしてみれば、その軽はとっても燃費悪い。

ボディが重いから坂道登らない。
目一杯踏み込んでも30kくらいしか。。。
坂が急なこともあるけども、よくケツを煽られます(笑
煽られたところで走れないので、気にしませんけど。

そんな車の代車。
今時の軽はどんなもんかしらん?と興味本位で乗ってみる。
無駄に乗り回したわけではなく。

その軽も今日でお別れ。
夕方か夜には『Z』が帰ってくる。
その前にもう少し乗ってやる!(再注:私物)
と言うわけで、狂犬病の注射に行ってきた。

DSCN1662.jpg

やっと本題か

まずデルタ。
人様の車なので、普段敷かないマットを装着。
他を汚さないようにデルタを乗せる。

ぶい~ん

初めは違和感があったが、何と乗りやすいことか!
しかもちゃんと走る!(笑
贅沢は言わないが、ちゃんと走る車が欲しくなりましてヨ。


病院で、注射と3ヶ月分のフィラリアのお薬ももらってきた。
過去に、手術した右目の白目が赤いことも気になり相談+検査=目薬
フィラリアの血液検査やらなんやらで、財布がナイ布に。。。
痛い!痛すぎる!でも、デルタのため!!

DSCN1663.jpg

オレの出番、まだかな。。。

11時頃に出かけて、1時頃帰ってきましてヨ。
1時間の待ち時間は覚悟していたけど、
デルタのすぐ後にガレンを連れてこようなんて思ってなかったけど、
今度ガレンを連れて行くときは、本を持参しようと強く思った。
ナイ布も財布にしていかないと。。。

ところで、デルタの体重。
10kgだったのが、書いてなかったけど、前回病院に行ったとき
9.5kgになっていた。
それが、今回9.4kgになりましたー!

ベスト体重が9.5kgと思っているので、いい感じー!

私信:あがさんありがとうございますー!

DSCN1664.jpg

デルタさんに代わって、「ありがとう!」

   ところで、LAってこの方角?


多分違うと思う。

夕方の診察でガレンを連れて行く予定。
その時には念のため「Z」が帰ってくるのを待ってから。
ガレンは代車には乗れず仕舞いだけど。

デブ疑惑が浮上していた時のガレンの体重は、13.2kgだった。
その後、もう一度計ってみたら、13.0kgになっていた。
減りはしたけど、ワタシとしては、もうひと声!
13kgは切ってほしい。

出来ることなら12kgくらいまで落とせないだろうかと。
今回ちゃんと病院で計ってもらったら、何キロになっているか楽しみ。

DSCN1665.jpg

まだダイエットせなあかんの?

なるべく足に負担がかからないようにね。

さて、ガレンの注射はいつ頃行けるかな~




ありがとう!注射は我慢できる子ですの!


散歩友達   
ワタシの散歩は、大抵1人と1匹もしくは2匹。
時々見かける一緒に散歩している人たち。
楽しそうだなぁ~と思っていた。

人見知りなワタシとしては、1人の方が気楽だが、
最近、散歩友達が出来た!
何度か名前だけ登場したCちゃん。
(カタカナだけど、勝手に「C」の頭文字使用)

DSCN1653.jpg

困り顔

いつもは昼頃に散歩しているワタシ。
ある日、用事でたまたま夕方に散歩に出た。
すると、ばったりCちゃんに遭遇。

以前にもすれ違うことは何度かあったが、
「これから散歩」のタイミングに会ったことはなかった。
おしゃべり好きなママさんと親しくもなり。

DSCN1654.jpg

桜の花びら絨毯

「大型犬LOVE」同士で盛り上がるところ一緒。
なかなか散歩友達もいいもんだ。
と、夕方散歩に行くことにしている(笑

更に、大型犬をナデナデできる、いい機会である。
デルタの社交性も身に付いていったらいいなぁとも思う。

DSCN1656.jpg

なぁ、まだ?

ブログを始めたいとも言われていたので、
いつの日か写真を撮らせてもらおうと思っておる。

ちょっと大きめゴールデンちゃんなので、
体重を聞いてみたところ、

ワタシとあまり変わらない。

何kgか書くと、ワタクシめの体重がバレルので秘密の方向で。

DSCN1659.jpg

何の花?                 実は迷惑顔↑
斜めの景色が、片手抱っこの努力の跡。

Cちゃんを撫でくり回して気づいたことが2つ。

つぶらな瞳^^
よく言われるそうで。
ワタシの友にもゴールデンがいるが、も少し大きかったかも^^

あと、あのタレ耳!
パッと見、デルガレのが大きいんじゃないかと思っていたら、
そうでもない。

あの耳、折りたたまれているの知ってた?

ペロンと捲ってみたら、意外に大きかった。

DSCN1660.jpg

桜のトンネル~

で、結局何が書きたかったのか、まとまらず仕舞い。




ありがとう!ワンコ友達ってのもいいもんだ


お気に入りクラッシャー   
思い出しては書いてやろうと思っていたこと。
何度思い出しては、忘れたことだろう。

我ながらナイスなタイトルを付けたと自負しておる。
カテゴリを見れば、内容と犯犬がわかるというものだが。
ここは一つ知らん振りで。


ここでの話は全て母上とおねぇから聞いた話。

それは、ワタシが大学の卒業旅行で行った、
イタリアのお土産のこと。
おねぇに頼まれた、ヴィ○ンの長財布。

それを愛用していた時の出来事。

DSCN1650.jpg
本編と関係ございません

母上から聞いた。

怪しい黒い影が、おねぇのカバンに近づいていた。
カバンを床に、口を開けて置いていたおねぇも悪いのだが、
まさか、カバンを漁るとは思いもしなかったことは共感。
今までにも何度も、口開け放置カバンはしていたのに。
前例が全くなかったことからの油断。

それが、デルタの第一の犯行だった。

おねぇのカバンに頭を突っ込んで、取り出したと思われる。
皮の財布の一部が、噛まれて無残なことになっていた。
皮は噛み心地がいいのか、カバンの中で被害にあったのは財布だけ。
犯行現場にいなかったおねぇは、どこにもやれない怒りを、
しばらくデルタを無視することで、やり過ごしていた。

買って来てあげたワタシとしてもやりきれない思いである。

DSCN1651.jpg
ハクモクレン(右から4本目)と桜(右3本)のコラボ

それからしばらく後、第二の犯行が起きた。

詳しくはどれくらい前のことか覚えていないが、被害者はワタシ。
モノは、誕生日に友達からもらった、バー○リーの皮のパスケース。
ワタシには珍しいバー○リーだったので、大切にしていた。

パスケースを入れていたポケットは、カバンの側面についていた。
パスケースを入れるためだけについているかのようなポケットだった。
当然マチはなく、デルタの鼻なんて入る隙間もない。
なのに、どうやって取り出したのか、ボロボロにされた。

おねぇのときと同じく、カバンを床に置いていたのが悪いけど、
そんなところに入っている薄っぺらいパスケースを取り出せると
誰が思うのか。(ポケットから少し出ていたのかもしれないと推察)

その時もワタシは現場に居合わせず、母上が発見したのだけど、
『(母が台所にいるのに)妙に静かやなぁと思って見に来たら噛んどった』
と、無残なパスケースを見せてくれた。
もちろんその場で取り上げて怒ってくれたらしいけど、
誕生日という日にもらった特別なモノであっただけに、
憎さも悔しさも100倍。

DSCN1652.jpg
ハクモクレンの名前を知るまで、でっかいシクラメンだと思っていた

そして、去年の出来事だったと思う。
第三、第四の犯行が、ほぼ期間を開けずに起きた。

被害者はまたしてもおねぇ。
これは、おねぇが悪いとは言えないかもしれない出来事。
どちらもベルトが皮の腕時計。

おねぇがネットで見つけたオサレな「GU○SS?」の腕時計。
ズボラおねぇが、時計を置く場所は決まっていて、
食器棚についている台の上。(上手く説明できないけど)
高さは1mくらいだと思われる。

いつものようにそこに置いていたと思われる。
下からチラッとベルトでも見えたのが気になったのかもしれない。
立ち上がって引きずり下ろしたのだろう。
気が付くとデルタの毒牙にかかって、ボロボロになっていた。
これも母上が見つけたはず。
おねぇが怒るには遅すぎた時だった。

2つ目の時計は、破壊された時計から間もなくネットで見つけた、
同じブランドのオサレな時計。
前回のと少し似ているが、おねぇの好きそうなデザインではあった。
購入後、使わないときは、戸棚に入れているのだが、
その場所は、低い。
戸があるけれど、しっかり閉まるはずのそこが壊れてしまい、
開きはしないが、しっかり閉まらない。

そんなところとはいえ、自分のものが仕舞ってある場所。
ズボラおねぇにしてはちゃんとしている。
が、デルタの毒牙にかかってしまった。

ボロボロになって放置されていた時計を見て「なんでっ!?」
疑問を発せずにはいられなかったらしい。
ちゃんとここ(上記の場所)に仕舞っといたのに!と、
真実を受け止めたくないかのように。

戸を鼻で押し開け、見つけた時計を引っ張り出し噛んでいたと推測される。
「GUE○S?」なだけに。そんな駄洒落いらん
2つ目の時計は、10回も使っていない新しい時計だったそうで。

しばらくデルタが嫌われたのは、言うまでもない。

教訓:デルタの近くに革製品を置くべからず




ありがとう!今のところブランドクラッシャーは、なりを潜めている


花と犬   
キレイな花が咲いていると、ワンコに花を背負わせて撮りたい。
と、多くの飼い主さんは思うのではなかろうか。
ワタシもその1人だけど。

それが、低い所に咲いている花ならいいけども、
桜のように、木だとしたら。
無理、ムリ、むり。

どうやって一緒に撮ってやろうかと試行錯誤ののち。

DSCN1646.jpg

妥協

枝垂桜が協力してくれた。

下向いている花を上から撮っているから、全部花が下向いているとか、
落ち葉と妙に同化して、花が見えにくいとか、
鼻ペロした後のクチだから、アゴがアイーンに見えるとか。

いろいろ不満タラタラだけど。
笑っていると思えば、そう見えなくもない。
自己暗示かけることお勧めいたす。

で、
枝垂桜のいいところ。
下のほうまで下がってきてくれている。
いえ、決してワタシのためではなかろうと。

DSCN1647.jpg

まだかな。。。

白く飛びすぎてデルタしか見えないという失望。
素直にオートで撮っておくべきだったか。。。

やばかったカメラの充電がここで切れ。
翌日同じ場所で、充電切れを思い出し。

言わなきゃバレない2日分の合作。

DSCN1648.jpg

またかいな

デルタの小言なんて何のその。

キレイに撮れりゃそれでいい。
デルタの顔は見えないけども。。。

黒いワンコの顔が写る撮り方、どなたか知りませんかねぇ。
非協力的なワンコの顔の撮り方も。。。


去年行った川沿いの桜並木には、
行こうと思ったものの、結局行かずじまいになってしまった。
でも、たくさん桜とワンコを撮れて満足なり。

DSCN1649.jpg

空をピンクに染めている途中。





ありがとう!花が散るって儚いねぇ


勘違いだらけの散歩   
パソコンの調子が悪くて、更新できず。
問題解決したので、もう大丈夫。たぶん。

そろそろ世間は桜が散り始めているけど、
更新できなかった間に溜まった写真には、桜健在。
実時間と差が出来るけれど、気にしないでね


さて、本題。
うちのガレ夫、散歩嫌いで常に休憩している写真が多いけど、
そうでもないのよ。


と、書けないのが悲しいところ。
散歩に行こうかと、準備中はソワソワしているものの、
いざ出るとなると、入り口から一歩離れて首を低くする。
玄関ではなくて、部屋の入り口。
「行くよ」と声をかけても動かない、もしくは逃げる。
何のこっちゃ。

珍しく勢いよく玄関に飛び出してきた時は、
大概トイレ。
ガレ夫の中で、散歩=トイレの公式が成り立っているとしか思えない。
何度も書いているが、出すもん出したらとっとと帰るガレン。

間違っておる

犬としてもな。
そこで、だましだまし公園へ連れて行くことに。
踏ん張れば言うことを聞いてくれると思っているのか、
よく立ち止まる。

DSCN1641.jpg

嫌や

そんなところで立ち止まるな。
なるべく階段は抱っこだけど、自ら歩くようなら歩かせている。
どうしても嫌な時は、何度も見上げるのでね。

だからって、そんな中途半端なところで立ち止まると、
邪魔なだけやからね。
あと2段+(写ってないけど)3段だけやないの。

何とか下りきってくれたけど、この後大変だった。

DSCN1642.jpg

疲れた!

10mそこそこしか歩いていないのにスト。
奥に壁が見えるそこが、さっきの階段のところ。

何を言っても動く気配なし。
ちょっと引っ張ってみても無駄。
仕方なくそばまで行くと、短いしっぽをコキコキ振って笑顔で見上げる。

抱っこしてやるもんか。

という目で見下ろすワタシ。
ちゃんと察したのか、ワタシが歩き出すと付いてくる。
でっかい足をペタペタと運ぶ。

その後はしばらく順調に歩いてくれたけど、
久しぶりにガレンだけと散歩に出たので、
桜をバックに写真をと立ち止まった。

DSCN1643.jpg

えひ

なかなかいい笑顔だけど、疲れが隠しきれてない。
内股の揃ってない前足が、やっぱりお疲れか。

オスワリさせたら動かなくなりましてよ。

休憩してもいい場所だと思ったのか、
歩き出してくれたと思ったのも束の間。

DSCN1644.jpg

ここで休むわ

写真を撮れと言わんばかりの休憩場所。
そんなんこと思ってないだろうけど。

先の、桜をバックにした写真の右側。
ガレンの頭辺りに見えている黄色い木のところ。(何の花やろか?)

ほんの数メートル歩いただけ。

これはもう、お城まで行くのは諦めた。
が、このあと、ハイにでもなったのか、ずんずん歩く、歩く。

これはもう、例の神社まで行けるかも!?→神社巡りの旅1
桜が咲いているかも知れんとハリキッテ行ってみたら、

DSCN1645.jpg

桜はどこや?

青々と茂っていただけだった。

このときに発覚したこと。
「犬の散歩はご遠慮クダサイ」の立て札が。ヒェ~
そそくさと帰って来たであります。




ありがとう!やっぱり休憩だらけの散歩


動きたくない犬   
昨日の記事の帰り道。
散々休憩したあとは、帰るだけのはずだった。

なんてことはない。
いつものストライキ。

DSCN1636.jpg

眠いねん

ここにベンチがあることを、しっかり覚えてしまい、
近くを通ると、嫌いな階段も駆け上がって座りに来る。
座ると表現していいものか、不明ではあるけれど。

このベンチに、一旦座ってしまうと、歩かなくなる。
この先しばらく休憩できないことが嫌なのか、
単に歩きたくないからなのか。
どちらもなのか。

なだめすかしても動かない。
放って行かれることが嫌いなデルガレ。
でも、ガレンはこのベンチにいる限り放って行かれてもいいらしい。

DSCN1637.jpg

ここにいるんやっ!

「バイバイ」とベンチを離れていくと、
寂しそうな目でじっと見ている。

置いて行かれたくないんやったら来いや

という飼い主の気持ちを知ってか知らずか。
冗談で放って行くワタシが、心配になるくらい銅像化している。

その間、手持ち無沙汰になっているデルタは、

DSCN1638.jpg

何かに夢中

鳥でもいたかな。

ガレンのことなど、どうでもいいらしい。
とりあえず、ワタシが動くまでひたすら待っていてくれる。
というか、待たざるを得ない。

そんなデルタの気も知らず、我が道を行くガレン。
ガレンに会わせて休憩していると、
1日経つのではなかろうか。

DSCN1639.jpg

むにゃむにゃ

毎度のことながら、歩けや。と思う。
外で寝るのは、さぞ気持ちが良かろう。

しかし、待っているワタシとデルタの身にもなれ。
と、無駄なことを思ふ。

DSCN1640.jpg

ぐー

悟りを開きかけ。

仕方なく、しばらく抱っこして帰るハメに。




ありがとう!あ~、重かった。


休憩場所   
散歩途中には必ず休憩するようになった。
それもこれも、ベージュいワンコがベンチに根を下ろすから。

最近の休憩場所は、お城の公園。
ベンチがたくさんあることと、今は桜がキレイだから。

DSCN1631.jpg

遠目の桜

桜は、曇っている方がキレイに見えると聞いたような。。。
言われてみれば、そんな気もする流され体質。

曇りのグレーに、ピンクが映えるのかも。
写真ではイマイチ写りがよくないけれど。

DSCN1632.jpg

オレもいるで

2頭連れで出てきた。
この頃、散歩に行きたがらないガレンが、
珍しく玄関に走り出てきた。

デルタだけ連れて出る予定だったが。
今度、いつ外へ出る気になってくれるかわからない。
大変なことはわかっているが、致し方なし。

DSCN1633.jpg

ん?

散歩とトイレを勘違いしているのではなかろうか。
それとも、犬も、春眠暁を覚えないこともあるのだろうか。

ワタシとしては、デルタみたいにどこまででも付いてきてほしい。
たくさんいろんなところへ行きたいから。
歩いて行ける範囲は狭いけれど。

DSCN1634.jpg

ガレン、重い

それよりも何よりも、デブ疑惑が浮上している今、
食っちゃ寝はいかがなもんかと。

たくさん休憩するから、散歩に行ってほしいと思うのだ。
よたよた歩きが、おじいちゃんだと思われてもいい。
たくさん運動して、思う存分寝て、がっつりご飯を食べてくれ。

DSCN1635.jpg

まだ歩かへんで

元気で長生きしてくれればそれでいい。





ありがとう!健康第一!


さくら 桜   
桜が見ごろになってきた。
いつもは閑散としているお城の公園も、
散歩やランチ、カメラを持ち歩く人で賑わっている。

例に漏れず、ワタシもカメラを持ち歩く人。
デルタと一緒に桜をば。

DSCN1627.jpg

柵が邪魔

ほぼ満開になっている桜もあれば、もう少しという桜もあり。
桜色に染まる公園もいいもんだねぇ

デルタはそんなこと、どうでもいいみたいやけど。

DSCN1628.jpg

空が隠れそう。
それくらいたくさん咲いていた。

デルタのおぴっこ騒動で、強制的に早起きされられたこの日。
珍しく(笑)早めに散歩に出た。
人も少なめでよい。
でも、ワタシは眠くてベンチで舟を漕ぎそうになった。

いい天気とキレイな桜と、大人しいデルタ。
ぼんやり座っていたら、2頭のワンコを連れたおじさんに遭遇。

近くで、ワンコと桜を撮っていたのをワタシは見た!
話しかけてきてくれたおじさんと少しおしゃべり。
すると、デルタを撮ってくれた!!
首から提げたデジイチで!

黒くて、顔が写りにくいデルタ。
撮れるかなぁと心配していたら、
こんなの、と見せてくれた。

とってもキレイ☆

DSCN1629.jpg

コレとは大違い

カメラの性能だけの出来じゃないわ!
ワタシみたいに。。。

いつも、このあたりにいるかと丁寧に聞いてくださったおじさんは、
な~んと!
撮ったデルタの写真を下さるって!

珍しく早めに散歩に出て、いいことがあったけど、
再びおじさんに会えるように、早起きしなくては。。。

DSCN1630.jpg

そのポーズは、どういう意味かな?(笑




ありがとう!また、おじさんに会えますように!


買い物三昧2   
昨日の続き。

JAの次は、スーパーマーケット。
その道中は、何だかトトロなイメージ。

あくまでイメージ。

DSCN1619.jpg

曇り時々雨

畑と山と、時々民家。
そんな景色も憧れ。

きっと、あの山のどこかに、おっきなクスノキがあって、
その根元には穴があるはず。
風が起こったときは、電線の上を猫バスが疾走しているに違いない。

とっても風が強かったこの日。
どこかの電線の上を、猫バスが走っていたはず。
ワタシには見えなかったけど(笑

最後の工程、スーパーは、
以前なら開店前から車が列を作っていたらしいけど、
物価上昇の波は間違いなくこのスーパーにも来ていた。

開店時間を過ぎても車はまばら。
でっかいガレージもどこにだって置き放題空き放題。
何だか物悲しくもある。
出たときはいっぱいになっていたけど

でも、地元のスーパーに比べれば、断然こっちのが安い。
物によっちゃぁ地元のが安いものもあるけれど。

DSCN1620.jpg

魚売り場でございます

左下は我がカート。
カゴが、横だけど2個並ぶのヨ。

規模のでっかいスーパーマーケット。
ちょっとアメリカのウォ○☆マートみたい。
当然食品があって、衣類も工具も何だって。
このスーパーで全部揃っちゃう。

パン屋さんだって、小さめだけどフードコートも。
来ると必ずパン屋さんでメープルパンを買う。
とってもウマス。

写真ではすぐそこまでしか見えないけど、
ホントはもっと向こうまである。
後ろも少しある。(角あたりでカートの見張り番中)
お客さん少ない目だけど、広すぎて少なく見えるだけ。

レジの数だって半端ない。
あっちにもこっちにもレジ。お急ぎ用レジだって。

ワタシがここで買うものは、もちろんデルガレ用。
カイワレとかジャガイモとか。

DSCN1621.jpg

卵、乳製品売り場でございます

向こうの壁が見えない。
もう、どっちが縦でどっちが横か、ワタシには判断できず。
平屋で長ーい、外見は倉庫みたいなところ。

携帯必須。
はぐれたら、自力で見つけることが不可能に感じる。
そんなとこ。

頼まれ物もあって、カゴ3個山盛りと、
ペットボトルのお茶箱買いやら何やらで、お会計。
ワタシの後ろに並んでしまった方へ、
「別のレジの方が早いと思います」とおそるおそる声をかける。
「あ、そうですか?」と、ちょっと笑いながら移動された。
当然、移動先のレジのが早かったことは言うまい。(言うとる)

袋と箱にガンガン詰めて、ふと小計に目をやる。
まだ、1万5千円にもなっていない。
もう3つ目のカゴも終わりかけですけど。

2万は超えるだろうと思っていたワタシの予想は、
嬉しいほうへ裏切られ、1万7千ちょいくらい。

地元でこんだけ買ったら、目ン玉飛び出る。
ある意味飛び出そうやったけど(笑

車いっぱいに荷物を積んで、うまいコロッケ1個18円をつまみながら、
いざデルガレのもとへ。

DSCN1622.jpg

おかえり

ただいまガレン君。
君たちのために、いろいろ買って来たヨ。
アレルギーが治るといいねぇ

早起きのため、安心したら眠くなり、視界が

DSCN1624.jpg

ぼや~ん

気持ちよ~く昼寝したら(昼すぎ帰宅)、目が覚めたとき
太陽がほぼ沈んでいた。
明らかに寝すぎ。3時間くらい?
目が冴えた夜は読書で睡魔を待つ。
夢中になりすぎて3時頃まで読んでいた。

翌朝6時30分頃、デルタが部屋でおぴっこしたらしく。
今までそんなことなかったのに。。。
晩ご飯、つゆだくにしすぎた?




ありがとう!トイレを置いていないワタシが悪かった。。。


買い物三昧1   
お隣の県まで足を伸ばす。
お安く買い物できるところまで。
ガソリン代も交通費も含めたって、
地元で買い置きする量よりも何倍もの収穫がある。
そんなところへ行って来た。

旧ブログにも何度か登場したことがあるそこ。
デルガレ連れだったために、ワタシはいつも外で待ちぼうけ。
デルガレと一緒にぶ~らぶら。

でも、今回はデルガレお留守番。
デルガレのために、安くて新鮮でおいしい野菜を手に入れるために。

DSCN1615.jpg

冬へ逆戻り?

したかのような山道を走る。

道中桜を見たのは幻だったのかと思わせるような光景。
標高が高いが故に、雪解けもゆっくりなんだな~

相当寒そうな外だけど、車の中も冷えてくる。
厚着かな?と思った上着の選択、間違ってなかった。

家もほとんどなくなり、どこへ行くつもり?
みたいな山道を走り続け、ようやく人が住んでそうな道と合流。

まず向かったのは、湧き水。
ポリタンク10リットルと20リットルを数個持参。
来たら毎回汲んで帰る。

こんなところ。

DSCN1616.jpg

見た目とは裏腹

過去にも1度、ここの風景を。
アジサイがたくさん咲いていた時期の。
今はただの枝になっている其処。

家を出て初めて外へ出た場所。
(給水所は後ろ)

風が強くて、メデュウサの気分を味わった。
その風が冷たくて、石になる1歩前。
トイレへ駆け込んだことは言うまでもない。

その後向かったのは、市場。
いつものルートらしい。
デルガレと一緒の時は、ガレージで待機していたけど。

DSCN1617.jpg

新鮮すぎて眩しい魚たち

もっとローアングルで市場全体を写したかったけど、
怪し過ぎる行動は控えめにしておいた。
小心者とも言う。

そんなに大きな市場ではないけど、
さすが海の近く、全てがピカピカの魚。
魚を見ても名前は出てこないけど。

ここで、探し物の鮭。
何かないかと探して回ると、
結構大きな鮭のアラが5~6つ、1パックで300円。
紅鮭1300円とかしかないかと思っていたら!

思っていたら!!

購入いたしましてよ。
地元ではありえない値段でしてヨ。
紅鮭1300円も相当安いと思ったけど、そんなにいらん。
うちとこもっと安いわヨ。な方は、内心ほくそ笑んでナイショに(笑

袋いっぱいの「だしじゃこ」900円で我が物に。
安さと新鮮さと安全性にほっくほっく。
100%国産、ここの地元産だもんねェ

人間用は、母上たちにお任せ。
さて次は、お野菜編。

DSCN1618.jpg

JA

ワタシは初めて来た。
こじんまりしているけど、時期的にか種類は豊富じゃないけれど、
どれも安くて新鮮安心。
さすがに無農薬とはいかないだろうけど、どれもしゃきしゃき感が
見るだけで伝わってくる。キャベツとか。

ワタシが買ったのは、サツマイモと大根だけどね。
大根の品種はわからないけど、小ぶりでもぼってりした
葉っぱ付き大根、2本1セットで100円。
おろしまくりヨ。

サツマイモは、フードプロセッサーにかけやすいように、
ちょっとスリムめのものがどっちゃり入った袋250円。
後から気づいた、どうせ切るんやから何でも同じ。。。

まだまだ続く買い物。
思ったより長くなってしまい、次回へ。










ありがとう!デルガレ未登場だけど、控えめに置いてみた(笑


                              
         
    
                        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。